旅行 おすすめ

travel.jpg「エアアジアX」を利用したマレーシア見物のススメをこちらで紹介した。自分の方では別記事として、旅の模様を更に更に綿密に通告したい。LCC専用エアポート「KLIA2」の使いこなしや、週末海外向けのクアラルンプールの過ごし方などを要綱てみる。クアラルンプール国際空港は、シティ大元部からは南に約60キロ離れた場所にプレイスする。2つのターミナルが設置してあるが、エアアジアXが発着するのは「KLIA2」のほうだ。LCC独り占めをアピールするターミナル駅だが、こっちを利用するのはほぼ全てがエアアジアお集まりの便で、駐機場には同社の真っ赤な機体がゾロゾロとと並んでいる。十分とはならない夜の帳もあけきらない早朝、エアプレインは着陸した。ボーディング大橋を歩いて建物内へ割り込むと、目眩めくスペースが広がり、外つ国の言葉が飛び交っていた。「わあ、外国へ来たんだなあ」と話す痛感が湧いてくる。マレーシアへの入国にはビザは出番が無いで、輪をかけては入国用紙のような輩もない。イミグレーションではパスポートを見せるだけで理解しただ。KLIA2が営業開始したのは2014年の一時しのぎだった。まるで庫のような殺風景な威儀だった先日のLCCターミナル(とうに閉鎖済み)とは違う点、国際空港らしい派手やかさが流されるままの。免税店や食糧コートなども充満しており、ターミナルビルと背中合わせする姿形で購入モールまで準備されている。エアプレインに乗らなくても楽しめそうなほどだ。

関連記事:旅行 国内

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック